歯を抜かずに救う方法~歯内療法(根管治療)~

  • ホーム
  • 歯を抜かずに救う方法~歯内療法(根管治療)~

歯の根の治療は非常に難しく大事ですEnglish Test

歯の根の治療は非常に難しく大事です

神経まで達してしまった重度な虫歯や、歯の根の病気になってしまった場合に行うのが根管治療です。歯を削って神経を取り、根管内を消毒して薬剤を充填するものです。歯の根は複雑かつ繊細であるために肉眼で確認することができず、形も個人差があるため、非常に難しい治療といえます。

  • 歯の根の治療は非常に難しく大事です
  • 歯の根の治療は非常に難しく大事です
  • 歯の根の治療は非常に難しく大事です

しかし、歯の土台ともいえる場所であるため、細菌を完全に取り除いて治療しないと、あとで炎症を起こしたり、膿がたまったりといったトラブルが起きてしまいます。そうなると再治療が必要で、最悪の場合抜歯になることもあります。歯を残すための根管治療は、歯の寿命を左右する大切な治療なのです。こちらでは、台東区浅草の歯医者「田歯科医院」が歯内療法(根管治療)についてお伝えします。

歯内療法(根管治療)の専門医が治療を行います

精度の高い技術が要求される歯の根の治療は、日本歯内療法学会認定専門医が治療を担当いたします。

精度の高い技術で細菌に冒された組織を完全に取り除きます
  • 歯の根の治療は非常に難しく大事です
  • 歯の根の治療は非常に難しく大事です

米国や国内で多くのトレーニングや研修を受けた専門医なので、歯内の細菌に冒された神経の小さな汚れやカスもマイクロスコープを駆使して完全に取り除くことができます。

歯に残った治療器具の破片も見逃しません

歯に残った治療器具の破片も見逃しません

歯根治療で使用する「ファイル」は非常に細い針状の器具のため、治療中に折れて歯根内に残ってしまうことがあります。マイクロスコープを使用した治療であれば、もし折れてしまってもきれいに除去することができます。

歯根に穴があいてもきちんと補修できます

歯根に穴があいてもきちんと補修できます

根管や歯根の形状は一人ひとり異なるため、まれに治療中に歯根に穴があいてしまう場合があります。この穴をそのままにしておくと細菌が入りこんでしまうことがありますが、マイクロスコープを使用した治療なら、穴の大きさや位置を確認しながら確実に補修することができます。

治療を成功させるための取り組み

歯科用CTで立体的な分析

歯科用CTで立体的な分析

肉眼で見ることができない歯内療法では、治療前の正確で精密な診断が必要です。顎、歯、神経などを様々な角度から立体的に確認できる歯科用CTを使用することで、より精密に口腔内の状態を確認し、患者さまに最適な治療計画を立てることができるのです。

マイクロスコープによる拡大視野での精密治療

マイクロスコープによる拡大視野での精密治療

根管は複雑な形状をしているだけでなく、患部が非常に小さいため肉眼で確認することができません。そのため、従来の治療は歯科医師の経験と勘に頼るしかなかったのですが、マイクロスコープで患部を5~20倍に拡大することで患部を確認しながら、患者さまに負担が少ない精度の高い治療をご提供することができるようになりました。

細菌感染を防止するラバーダムを使用
  • 細菌感染を防止するラバーダムを使用
  • 細菌感染を防止するラバーダムを使用

治療を行っているときに歯に装着するのが「ラバーダム」という薄いゴム素材の膜です。ラバーダムで治療する歯以外の部分を覆うことで、外からの細菌の侵入を防ぐとともに、唾液や血液が飛散して院内感染を引き起こすのを防ぐことができます。

4度目の再治療が抜歯を招くことも

4度目の再治療が抜歯を招くことも

歯内療法を行ったときに、細菌を完全に取り除くことができず、虫歯が再発したり、内部が膿んだりしてしまうことがあります。そうなると再治療が必要になるのですが、2回目以降は細菌を完全に取り除くことがさらに困難になり、治療、再発の繰り返しになってしまいます。

そして、4度目の再治療では抜歯するしかなくなる可能性が非常に高いのです。歯内療法は、最初の治療で細菌を完全に除去する丁寧さと技術力の高さが必要なのです。

治療は中断しないでください

治療は中断しないでください

激しい痛みや膿んでしまうほどの重度の虫歯ですから、根管治療には長い期間がかかってしまいます。しかし、痛みがなくなったから、長く通うのが面倒だから、といって治療を中断してしまう方も多いです。

もし、歯根の中にわずかでも細菌が残っていれば再発はもちろん、病巣がどんどん広がってしまい、最終的に抜歯するしかないという状態になってしまいます。再発、再治療を行わないためにも根管治療を中断せずに、完治するまできちんと通院するようにしましょう。