Den Dental Office 田歯科医院

「田歯科医院 浅草診療所」の歯内療法(根管治療)のページです。

endo

  • TOP
  • 歯内療法(根管治療)

歯の根の治療は精密さが要求される繊細な治療です

歯の根の治療は精密さが要求される繊細な治療です

虫歯が進行し、歯の中の神経にまで達すると、激しく痛み、そのままでは抜歯を余儀なくされます。しかし、歯はできるだけ残すことが大切です。抜歯を避けて歯を残すためにおこなうのが「根管治療(こんかんちりょう)」です。

台東区の歯医者「田歯科医院 浅草診療所」では、高い精度が要求される根管治療は、日本歯内療法学会で認定を受けた歯科医師が治療します。

歯内療法(根管治療)を専門にする歯科医師が治療します

歯内療法(根管治療)を専門にする歯科医師が治療します

根管治療は、細かい部位の細かい処置が連続します。歯の中の神経の入っている根管の内部の神経や汚染歯質をすべて除去してから、洗浄消毒して、薬剤ですき間なく密閉しなければなりません。少しでも細菌を残すと再発してしまうため、正確性が求められる治療です。

精度の高い技術で細菌に冒された組織をすべて取り除きます

精度の高い技術で細菌に冒された組織をすべて取り除きます

当院では日本歯内療法学会で認定を受けた歯科医師が根管治療をおこないます。米国や国内で多くのトレーニングや研修を受け、確かな技術を持った歯科医師です。細く細かく枝分かれしている複雑な形状の根管内から、細菌に汚染された神経や歯質の組織を、マイクロスコープを活用して取り除きます。

歯に残った治療器具の破片も見逃しません

歯に残った治療器具の破片も見逃しません

根管治療では、汚染された神経や歯質を取り除く際に、「ファイル」というとても細い針状の器具を使用します。この器具の先端は特に細いため、治療中に破折して歯根内に残ってしまうことも。当院では患部を5~20倍拡大視できるマイクロスコープを使用し、治療部位を把握しながら一つ一つの処置をおこないます。万が一器具が折れてしまっても、細かな部分を確認できるためきれいに除去できます。

歯根に穴が空いてもきちんと補修できます

歯根に穴が空いてもきちんと補修できます

歯根の形状や根管の状態は一人ひとり異なり、虫歯による汚染状況も異なります。そのためまれに治療中に歯根に穴が空いてしまうことも。この穴を放置すると細菌が入り込み、再発リスクが高まります。しかしマイクロスコープを活用すれば、小さな穴でも詳細に把握し、大きさや位置を確認して修復できます。

治療を成功させるための取り組み

歯科用CTで立体的な分析

歯科用CTで立体的な分析

根管治療を成功させるためには、治療前の精密診断が大切です。そのために活用するのが歯科用CT。歯根の形、根管の形状、虫歯の汚染状況などを立体的に確認してから、治療計画を立てます。こうすることで、効率よく正確に治療を進められます。

マイクロスコープによる拡大視野での精密治療

マイクロスコープによる拡大視野での精密治療

根管は細く、複雑に枝分かれしているので、治療の際にはしっかり把握する必要があります。しかし口腔内は暗く、さらにとても細かい作業が続くので、肉眼では捉えられません。そのため、従来の治療では歯科医師の経験と勘が頼りでした。しかし、マイクロスコープを活用すれば、患部を5~20倍ほどに拡大して見て、しっかり把握しながら治療ができます。

細菌感染を防止するラバーダムを使用

細菌感染を防止するラバーダムを使用

治療中に根管内に唾液が入ってしまうと、細菌の感染を起こします。そのため根管治療ではラバーダム防湿が欠かせません。治療部位だけを出して、様々な処置をするので、根管内部に細菌が入るのを防ぎ、また、口腔内に薬剤がこぼれてしまうのも防ぎます。

4度目の再治療が抜歯を招くことも

4度目の再治療が抜歯を招くことも

歯内療法では、まず、汚染された神経を取り除く抜髄(ばつずい)をおこないます。この段階で、細菌を残すことなく治療ができれば、再発のリスクをかなり軽減できます。しかし、この1回目の根管治療の際に細菌をすっかり取り除くことができないと再発し、2回目の根管治療をしなければなりません。しかし2回目の治療後の再発率は1回目よりも高く、さらなる再発をくり返しやすいです。そして4度目の治療が必要になったときにはほとんど抜歯が選択されることに。そのため、1回目の抜髄処置を丁寧に、精密におこなうことが大切なのです。

治療は中断しないでください

治療は中断しないでください

根管治療では、根管内の細菌をすっかり除去する必要がありますので、数回の通院が必要です。治療の際には神経を除去するため、それまで激しい痛みに悩まされていた状況を脱します。ここで油断しやすいうえ、さらに治療が長期間にわたると、途中で通院を中断してしまう方がいるのが現状です。しかし、根管治療中は細菌が入りやすく、いったん細菌に感染するとどんどん進行してしまいます。そして抜歯の可能性がかなり高まってしまうのです。そうならないように、特に根管治療は、根管を密閉して、被せ物を装着するまでしっかり通院しましょう。

症例紹介

歯内療法 根管内器具破折除去
  • ファイル破折

    ファイル破折

  • 破折ファイル除去後

    破折ファイル除去後

主訴 奥歯が痛い
治療内容 破折器具の除去並びに感染根管治療
治療期間 約6週間
治療費 45,000円程度
リスク・副作用 破折器具除去時のパーフォレーション、器具の除去不可、破折器具除去後の根の破折、感染根管治療の治癒率約80%
根未完成歯 感染根管治療
  • 根未完成歯 感染根管治療 根未完成歯 感染根管治療

    2019年3月11日

  • 根未完成歯 感染根管治療

    2019年10月18日

  • 根未完成歯 感染根管治療

  • 根未完成歯 感染根管治療 根未完成歯 感染根管治療

    2020年12月2日

主訴 永久歯の根に病変があるので専門医を紹介された
治療内容 根未完成歯の感染根管治療
治療期間 約1年
治療費 30,000円程度
リスク・副作用 非常に難しい治療で根尖が完成しない場合もある
上顎第1大臼歯4根管根管充填
  • 上顎第1大臼歯4根管根管充填
  • 上顎第1大臼歯4根管根管充填
主訴 奥歯が痛い
治療内容 感染根管治療(マイクロスコープを私用しないと4根管の治療はほぼ不可能)
治療期間 1ヶ月(3回)
治療費 約40,000円
リスク・副作用 治療費器具の破折、治癒しない場合がある(治癒率約80%)
下顎第1大臼歯4根管根管充填

下顎第1大臼歯4根管根管充填

下顎前歯 他院にて抜歯症例 根管充填後治癒

下顎前歯 他院にて抜歯症例 根管充填後治癒

主訴 他院にて病変が大きいので抜歯しなければならないといわれた
治療内容 感染根管治療
治療期間 1ヶ月(治癒までは6ヶ月)3回の治療
治療費 約30,000円
リスク・副作用 治療器具の破折の可能性、病変の治癒率は70%程度
上顎前歯 他院にて抜歯症例根管充填後治癒

上顎前歯 他院にて抜歯症例根管充填後治癒

主訴 他院にて治療不可、抜歯といわれた
治療内容 感染根管治療
治療期間 1ヶ月(3回)治癒までは6ヶ月
治療費 1歯30,000円程度
リスク・副作用 治療器具の破折の可能性、治癒率は約75%、厚労省未認可の薬剤(米国FDA認可)使用
他院にて抜歯症例根管充填後治癒
  • 他院にて抜歯症例根管充填後治癒
  • 他院にて抜歯症例根管充填後治癒
  • 他院にて抜歯症例根管充填後治癒
主訴 他院にて治療不可、抜歯といわれた
治療内容 感染根管治療
治療期間 全歯で6ヶ月
治療費 1歯30,000円程度
リスク・副作用 治療器具の破折の可能性、治癒率は約75%、厚労省未認可の薬剤(米国FDA認可)使用

治療費

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  治療時間  
基本専門医自費診療 約30分 8,250円(消費税750円を含む)
根管治療自費診療 約30分 他院で補綴治療をおこなう場合 
13,750円(消費税1,250円を含む)
約30分 当院で補綴治療をおこなう場合
10,450円(消費税950円を含む)

※その他材料費がかかる場合があります

自費診療の補償について
自費修復治療
治療終了後2年間 無料で再作製いたします
治療終了後2年~5年 年数に応じた割合の金額で再製作いたします

自費診療の保証は、主治医が指定する定期検診に受診している患者さまが対象です。定期検診にいらしていただいていない方は、上記の保障は原則として受けられません。なお自由診療治療部位のメインテナンス費用は保険外治療です。

また、ほかの歯に異常が生じた場合には必ず治療をしていただきます。それはそのまま放置すると治療した歯に想定外の負担がかかり、障害があらわれる可能性があるからです。もし、定期的な診察・メインテナンスをおこなわず、修復治療部位に当初の治療計画より過度の負担や感染がおこり、修復処置に問題が起きた場合にも、保障は受けられません。

ご自分のお手入れと定期的な検診によって、治療した箇所とお口全体の健康維持ができるように頑張りましょう。