治療後も最高の状態を維持~予防メインテナンス~

  • ホーム
  • 治療後も最高の状態を維持~予防メインテナンス~

車や家と同様に歯もメインテナンスが必要ですEnglish Test

車や家と同様に歯もメインテナンスが必要です

歯医者さんはトラブルが起きてから行くところだと思っていたら大間違いです。もちろん、治療で問題を解決することも大切ですが、究極の治療とは、予防でありメインテナンスでしょう。

車や家と同様に歯もメインテナンスが必要です

例えば、車や家を購入したら壊れないように、汚れないようにと願って丁寧にメインテナンスをするのと同じで、お口の健康のためにも、メインテナンスで虫歯になる前の状態を維持することが大切です。しかし、ブラッシングなどのセルフケアでは口腔内の汚れをすべて取りきることができません。お口の健康を守るためには、定期検診で虫歯や歯周病の有無を確かめ、定期的にプロの手によるクリーニングが有効です。

こちらでは、台東区浅草の歯医者「田歯科医院」が、予防歯科・メインテナンスについてお伝えします。

虫歯の原因は3ヶ月周期で育ちます

虫歯の原因は3ヶ月周期で育ちます

通常、定期検診は3ヶ月周期で行うことを推奨しています。その理由は、虫歯菌や歯周病菌の棲みかとなる「バイオフィルム」が大体3~4ヶ月で育つからです。バイオフィルムはブラッシングなどでは落とせないため、虫歯や歯周病予防のためにも定期的にプロによる口腔内クリーニングを受ける必要があるのです。クリーニングにはPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が有効です。

まずは定期検診から始めましょう

まずは定期検診から始めましょう

厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という8020運動がありますが、実際に80代で残っている歯は平均5本という調査結果が出ています。

80歳を過ぎても20本以上残すためにはブラッシングだけでなく、予防ケア、メインテナンスが大切です。もし、「最近歯医者に行ってない」と思われた方は、自分の口腔内の健康状態をチェックする定期検診の受診から始めましょう。

プロのクリーニングを体験してください

プロのクリーニングを体験してください

ブラッシングでは取りきれない汚れを専門的な器具を使って口腔内のクリーニングを行うのがPMTCです。PMTCは専門資格を持つ歯科衛生士が担当します。ブラッシングで取りきれない汚れを丁寧に落とし、歯の表面の着色汚れを落とし、虫歯菌や歯周病菌が棲みづらいピカピカでツルツルの歯にするため、お口が本当にスッキリします。虫歯や歯周病の予防、改善、歯質の強化といった効果もあるので、ぜひプロのクリーニングを体験してみてください。

プロのクリーニングを体験してください